シェードカーテンでオシャレにコーデ!印象を大きく変えることも可能

Menu

スッキリした空間を作る

窓

インテリアとしての魅力

外でのストレスが多い現代社会では、仕事での疲労を癒すために重要なのが居心地の良い居住スペースになるのではないでしょうか。居心地の良いスペースには、住人の趣味にあわせたインテリアが必須アイテムとなります。そして戸建てあるいは集合住宅でも、採光のために窓があるのですが多くの場合それほど意識せずに、無造作にカーテンを選んでいるお宅が案外といらっしゃるのです。確かに窓を設置した目的は、外気と日光を上手く取り入れることでありカーテンはそれをコントロールすることが最優先課題になります。しかしカーテンは開けている時と、閉めている時ではその面積の差が大きいのを意識しているでしょうか。特に夜になって閉めた時には、部屋の一面を占領してしまいインテリアとしての威力を発揮するのです。だからこそ住人の趣味にあわせた色や柄を、選ぶことで部屋の雰囲気を良くする効果も期待できます。さらに最近になって注目されているのが、シェードカーテンという種類の商品なのですがご存知でしょうか。オフィスなどで良く見かけるロールスクリーンと同じ仕組みですが、素材に布を使うことで柔らかい印象を与えてくれます。シェードタイプが普通のカーテンと違うのは、左右に寄せる必要がないので窓辺のインテリアとしてスッキリ感が演出できることです。また素材に布を使っているからこそ、他の素材と違い汚れたら洗濯機で洗うことが可能なところもシェードタイプの魅力の一つになっています。さらに日差しが強ければ、途中まで下ろしておいたとしても様になるのもシェードタイプの良いところです。